2012年10月08日

今日はちょっと時間が空いたので

今日は早朝練習をたっぷりやって、9時前に帰宅。

娘が終日車を使うので、練習はもう終わり。

ピアノも3時間以上やったので、十分。

もっとやってもいいですが、左腕の筋肉痛(五十肩)がなかなか完治しないので、まだ用心しています。

時間をもてあまして、久しぶりにブログを。

このところ、近況としては金管が好調。

フルートが不調。鳴りにくくなってきました。

特にトランペット(フリューゲル)を吹いた後が、ハスキートーンしかでなくなります。

中音域のEはもともとフルートでは出にくい音ですが、これがとてもやっかい。

この音を多用する曲を練習曲に選んだことで、曲の中でE音が出しにくいことが判明。

ちょっとこだわりすぎかもしれません。吹きすぎもあるかもです。

すこし練習をセーブして、音が出にくくなったら練習を中止したほうがいいかも。

チェロは、オーケストラで弾くとか、弦楽四重奏団でやるとか、本格的にクラシックをやるつもりはないので、管楽器用のカラオケ演奏をバックに、「千の風になって」を綺麗な音程で弾けるように練習を。

スケールだけは毎日丹念に。

あと、「白鳥の湖」を毎日演奏に合わせて1回。

ハイポジションなので難しいですが、毎日やってると、だんだんそれらしくなってくるのではということで。

ゆっくりした曲なので、ポジションと移動の感覚がつかめれば、と思っています。

ギターは三つ指トレモロができるようになってきました。

音の粒がまだ不ぞろいなので、きれいなトレモロになるような練習を。

あと、曲がだんだん完璧に弾けるようになってきました。

どうしても何度かつまづいてしまってましたが、つまずきが少なく、目立たなくなってきました。

サックスは、指が正確に動くようなスケール練習が中心。

加えて、クロマチックが速く吹けるような練習。

ジャズのアドリブの練習がこのところご無沙汰ですが、そのうち、楽器として思うように操れるようになってきたら、サックスとトランペット、できればピアノも。

ギターはコードなど難しそう(時間がかかりそう)なので、アドリブまでは。

でも「アルハンブラの思い出」とか「禁じられた遊び」とか、ギターの定番の曲は綺麗に弾けるようになりたいので、毎日のように練習してます。

チェロと、クラとオーボエは道楽のレベルでかんたんな曲が演奏できればOKということに。

トロンボーンも、綺麗な音で、高音域(トリプルC)もペダルトーンも出せるようになったら、インターバル、トロンボーンらしいリップスラー、シェイクなどのテクニックも少し身につけようかと。

もともと金管人だったので、サックスはどうももう一つ好きになりきれないところが。

それなりに面白いですが、リードがコントロールしにくいのと、やっぱり木管は指使いが難しいです。思うように動かない・・・

では、また時間が出来たときに更新します。

なかなか音源アップということろまで行きませんが、そのうちきっと・・・


posted by ピアノマン at 14:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。