2012年02月28日

モーリス・アンドレが亡くなりましたね・・・

ラッパ吹きにとっては神様みたいな存在だったモーリス・アンドレの訃報が。

78歳だったそうで。

ちょっと早い旅立ちに感じます。

90歳ぐらいまでは活躍していただきたかったです。

若いころに一度だけ、郷里の福岡でコンサートを聴きに行ったことが。

演奏の合間のちょっとお茶目な笑顔がとても印象に残っています。

とてもスケールの大きな、そして人間味のある暖かい演奏と、笑顔と。

ジャズ・トランペットではウイントン・マルサリスが神様でしょうけれど、神業のような超絶技巧のマルサリスにはないスケールの大きさと歌ごころは、モーリス・アンドレこそ巨匠だ、という気がしています。

マルサリスのクラシックは、あまりに完璧すぎて、やや冷たく感じてしまいます。

モーリス・アンドレの訃報、しばし放心状態です・・・
posted by ピアノマン at 12:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。