2012年01月25日

一日が30時間ぐらいあれば

昨夕は寒かったので、夕食時にまた熱燗を。湯呑に2杯。

2杯飲むと、さすがに酔いが早く回って19:00前に就寝。

目覚めは0:00前でした。5時間睡眠。

このところ、平日は0:00頃起きて、6:00まで練習というのが定着。

全部練習時間に、というわけにはいかなくて、移動時間も必要なので5時間ぐらいが精いっぱい。

5時間で9つの楽器練習というのも、無茶な話なんですけど。

例えば、ピアノだけ、とか、サックスだけ、とかだと、思う存分練習できそうですが、何とも因果なことです・・・

サブの楽器は一日15分とかしか時間が取れないので、日替わりでメニューを変えたほうがよさそうですね。

スケール、アルペジオ、インターバル、曲の練習、といった感じでしょうか。

トロンボーンはサブ楽器扱いですが、このごろ鳴り出してきたので、鳴らす練習をちゃんとやりたいところ。

ウォーミングアップ、ロングトーン、リップシェイク、ハイトーンの音域拡張などなど。

1日10分ぐらいの練習でもハイトーンはだいたい鳴ってる(ダブルハイF)ので、テクニックが落ちてるということはなさそうですが、上達もしてないかも。シェイクはやればやるほど、速くきれいになってきてますけど。

フリューゲルはメニューを決めていて、だいたい40分ぐらいかけてる感じ。

若いころのメイン楽器だったし、これは鳴り出すと面白いので、ついつい夢中になってしまいます。

あと、ギターの三つ指トレモロができだして、これもついつい時間をとってしまいますが、これは多分やりすぎ。

ギターは場所をとるので、ほかの楽器ととっかえひっかえができなくて、車中練習の最初にやってますが、1時間ぐらいはすぐです。

これは30〜40分程度にしておかないと、管楽器がおろそかに。

ピアノは筋肉痛をかばってまだ1時間程度ですが、全体が5時間となると、数年前のようにピアノだけで3時間というのはどうもムリそうです。

せいぜい1時間半か2時間というところ。

ピアノもメニューを限定してエッセンスだけという感じにしないとでしょうね。

一日が30時間ぐらいあったらいいのに。

睡眠時間をこれ以上削るのは、健康維持と長寿には響きそうなので、練習内容を厳選する必要がありそうです。

楽器の種類を減らせばいいんでしょうが、こればっかりは増えはしても減ることは(いずれバイオリンも加わる予感が・・・)。
posted by ピアノマン at 12:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。