2011年10月19日

エベレストにカラスが・・・

登山家の栗城史多さん、エベレスト登頂断念のニュースが。

7800メートル地点で、保存していた食料などを、なんとカラスに荒らされたためとか。

さぞ無念だったことでしょう・・・

単独無酸素で、世界7大陸の最高峰制覇という偉業達成を目前にしてのアクシデント。

先月には同行カメラマンが亡くなるという悲痛なできごとも。

偉業が達成される過程には、思いもよらない障害が。

ばく大な時間と努力と経費が、小さなカラスのために水泡に。

諦めるに諦めきれないものがきっと。

何ごとかを成し遂げる、というのは、そういうことなのでしょう。

そうしたばかげた障害さえも乗り越えなければ、成し遂げることはできない、という・・・

ピアノマンは栗城さんほどの経費も時間も努力もまだ費やしてはいませんが、これでも目指すものが。

20年かかるか、30年かかるか、50年必要なのかわかりませんが、実現するまでは、との思いです。

カラス、か・・・

取るに足りないように思えるようなことが、とんでもない障害を引き起こすことがある、ということでしょう。

肝に銘じておきたいと思います。

小さなこともおろそかにせずに、油断を排し、確実に、ひとつずつ、一歩ずつ、たとえ1ミリでも、1ミクロンでも前へ。

くだらない、ばかげたことに対しても、最大限の注意を払って。

たとえ、栗城さんのような障害で挫折を味わっても、絶望しないこと。

栗城さんは再度、カラス対策にも万全を期したうえで、エベレストに挑戦するのでしょうから。
posted by ピアノマン at 12:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。