2011年10月11日

演芸会本番ノーミスでした

10月10日の町内の商店会の秋祭り演芸会。

無事終了です。

「琵琶湖周航の歌」と中島みゆきの「時代」の2曲。

本番はやっぱり緊張しますが、ノーミスでした。会場が体育館で広いんです。お客さんは100人ぐらいでしょうか。

商店会の演芸会は去年が初めてでしたが、本番用に買ったバンドーレンのリードがちゃんと鳴るのが一枚もなくて、低音で音が何度もひっくりかえって失敗。

今年は、使い慣れたリードからいちばん調子のいいのを選んで、その調子に合わせて練習を。

完璧でした。

緊張して呼吸がやや乱れて、ビブラートが思うようには綺麗にできませんでしたが、ま、いいでしょう。

奥さんも娘も、ちょうど大学祭が重なったりして、家族は誰も来ず。

近所の元プロの歌手の婦人の方も私のあとの出番だったこともあって、聴いてくれてました。

去年より進歩したので、一安心。

11月は市民センターの演芸会にエントリー。

「シクラメンのかほり」と「時の流れに身をまかせ」

難しい曲ではありませんが、綺麗にちゃんとメロディーが歌える、と言うことは大事なので。
posted by ピアノマン at 08:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。